相続した実家の土地の売却について

埼玉県熊谷市に、相続した実家があります。
木造平屋で、築50年弱です。
市街化調整区域の上、利根川流域の家屋倒壊等氾濫危険区域に指定されてしまっています。
どうにか売却する方法はないものでしょうか。

CES
  • 一戸建て
  • 市街地調整区域・農地
質問日 2022/09/15 14:22:55 回答数1

回答一覧

はじめまして。
家貴族の岡本と申します。
奈良市の不動産会社なのですが、奈良市以外にも市街化調整区域の売却のお手伝いをいくつもお手伝いさせて頂いております。

まず、市街化調整区域の「農地」は基本的に農業従事者向けにしか販売できないので、土地の地目を「宅地」に変更する必要があります。
現在家が建っているとのことなので、変更自体は可能だと思いますが、土地の筆が複数ある場合は、すべてを変更できるかは不明確です。

家が簡単なリフォームなどで次の購入者が居住することが可能でしたら、田舎暮らしをしたい方向けに販売することが可能です。
基本的には建て替えが不可能なので、家がボロボロで次に住む方が大幅なリフォームがかかるようでしたら、売却価格は0円に近付いていくと思われます。

最悪の場合は、少し費用を払ってでも手放さなければならない可能性もあります。

もしかしたらお手伝いできるかもしれませんので、詳しい住所と現状をヒアリングさせて頂ければと思います。